ガスを使わない住宅 オール電化住宅

gf1420135114l

 

オール電力化対応住宅とは、家屋内で使用する動力源を電気による供給のみに統一した住宅のことです。
原則として全ての動力を電力で賄うので、ガスを使用する時のように火を使用しないです。
電力消費の増大に対応するために太陽光発電などと一緒に行われることがあります。

オール電力化対応住宅にするには、今までガスを使用していた機器を全て電力対応型の機器に変更する必要があります。

オール電力化対応住宅の利点は、経済的な利点と制度上の利点があります。
経済的な利点としては、ガスと電力の基本料金の支払いを統一して支払いにかかる負担を節約できることです。
制度上の利点としては、国が推進している電力制度や太陽光発電を利用することで、補助金や設置上の補助を受ける事が出来ることです。

オール電力化対応住宅の欠点は、電力依存に関する問題と電力機器の制約上の問題があります。
電力依存に関する問題としては、電力の供給が絶たれると建物内の全ての機器が使用出来なくなる問題点があります。
電力に依存しているので、電力会社の料金設定によって光熱費の負担が重くなる事もあります。

電力機器の制約上の問題としては電力対応型の機器に変更するのに手間と費用がかかることや、電力機器では火力の面でガスよりも劣る欠点があります。