‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

オール電化住宅のトラブル

2014/05/24

shutterstock_97489289   突然玄関のインターホンが鳴らされて、出てみたら商品の説明が始まったという経験を持たれている方も多いのではないでしょうか。 最近では特に、比較的築年数の浅い一戸建てが連なる住宅街にある業種の方の訪問販売が増えていると耳にします。 それは、今流行りの太陽光発電システムの販売、施工を行なう業者です。 なぜ、「比較的築年数の浅い一戸建てが連なる住宅街」なのでしょうか。 それは効率が大変良いからです。 まず最低条件として、営業をするには既に太陽光発電を導入していない事が条件です。 それを判断するには屋根を見たり、太陽光発電をすると変わる特徴として電力メーターが2つあるかどうかを歩きながら見て、営業が出来る家を探すのです。 築年数の浅い家を探すのは、太陽光発電自体の施工条件を満たしている可能性が高いからです。 自然エネルギーで電気を作るため環境にも家計にも良い太陽光発電システムの導入ですが、上記したような手段で営業を行なう業者には悪質な業者もあるので要注意です。 特徴としてはやはり、断っても長く居座って帰らなかったり、無理矢理見積もりを渡して来たりといったところでしょうか。 とはいえ、全ての業者が悪質という訳ではありません。 悪質かどうかを判断するには、その業者の方の態度の他に、太陽光発電システムの説明がしっかりしているか、見積もりが適切がどうかといったところがポイントになるかと思います。 金額が安い商品ではないので1社で決めるのも危険が伴います。 もし信用出来ないと感じた場合は、その時点で遠慮せずにきっぱりと断ることが重要です。

環境への負担

2014/05/24

kz0010004348l

 

国連などの世界の国々が集まる場においては、軍事問題や外交、また人類の喫緊の課題が話し合われています。特に、砂金では環境への負荷に対する懸念があります。環境問題は人類の喫緊の課題でもあるのです。国際的な会議においては、CO2削減の問題が話し合われる機会が増えてきました。最近では新興国での経済活動の活発化や工業化、そして人口の増大によって二酸化炭素の排出量が増えて環境への負荷が増大しています。ただ、このような国際会議の場で必ずと言って話題に登るのは、新興国や発展途上国の言い分です。それらの国々が言うことには、先進国は産業革命や高度経済成長の家庭において環境への負荷を無視して経済発展を成し遂げました。現在、新興国や発展途上国は今まで先進国が経験してきた道を歩んでいる最中であるため、先進国が知恵を出し合って環境への負荷の軽減に取り組むべきである、というのが彼らの言い分です。たしかに、新興国や発展途上国の言い分は一理あるものの、現在人類が抱える共通の課題として各国が知恵を出し合って問題の解決に当たるべきである問題であります。先進国では今までの経験を活かして途上国に対して環境に配慮した経済成長の支援を行っています。

季節別電灯

2014/05/24

gf1950145872l

 

季節別時間帯別電灯とは、最も利用料の増える昼間の時間帯の電力利用を少しでも少なくするため、各電力会社が提供しているプランです。日中の電力料金を高くし、深夜電力を安くする方法で、電気を毎日多く使用する家などが契約しています。
各電料会社によって名称は異なり、東京電力では電化上手、関西電力ははぴeタイム、九州電力は電化deナイトと呼ばれています。
このプランに契約するには一定の条件があり、一定容量以上のエコキュート、蓄熱暖房器具などを利用する必要があります。
また、その名のごとく、シーズン別、時間帯別に電気代が異なり、特に夏は夏季と他季に分かれ、夏季の方が単価が高くなっています。
このシステムは東日本大震災後の原発停止による電力不足からの計画停電などの経験から、実現に至りました。
なお、一定条件を満たした住宅は、全電化住宅割引を受けることもできます。
しかし、全電化住宅全てがこのシステムで節約につながるわけではありません。日中に在宅しておらず、主に深夜に電気を使うような家がこのシステムが役に立つのです。そうでないなら、日中のピーク時の電気の利用をなるべく控えて、なおかつ日頃から節電を心がける生活を送るのが、一番の節約になるでしょう。

時間帯別電灯

2014/05/24

gf1940270287l

 

エコキュートや電気温水器、蓄熱式電気床暖房などの夜間蓄熱式機器を保有しているのであれば電気料金プランを変更することで電気料金を大きく節約することが可能かもしれません。
一般的な家庭で加入している従量電灯Bと呼ばれるプランでは電力単価は一日を通じてどの時間帯でも一定です。
ですが、電力会社では「電気の余っている夜間の電力単価を低く、電気の不足している昼間の電力単価を高く」設定している電力料金プランも併せて提供しています。
電力会社と契約する電気料金プランを変更し、電気代の安い夜間の間に蓄熱するようにしておくことで毎月の電気代を大きく節約することが可能になります。電気から熱を作る際は非常に大きなエネルギーが必要ですので、節約できる金額は非常に大きいものになります。また、それ以外の食器洗い乾燥機や電気炊飯器、全自動洗濯機などの電気製品についても、タイマー機能などを活用することで夜間に動作するように設定しておくと、電気代を更に節約することが可能です。
ただし、上記でも述べましたが電気が不足してる昼間の電力単価が非常に高くなっていますので、昼間に大量の電気を使用した場合は従量電灯Bで契約しているケースより高くなることもあります。

深夜電力

2014/05/24

gf1940124430m

 

少しでも生活にかかるコストを減らしたいと思っている人はとても多いでしょう。それで、少し工夫したら取り入れる事が出来、節約効果が高いとわかれば、取り入れてみてもいいと思う事もあるでしょう。
例えば、電気料金ですが、既に、自分では色々調べて、出来る節約はしているという人も多いでしょう。余計な待機電力がかからないように節電タップとか、エコタップなどと呼ばれる、スイッチ付きのタップを使う人も増えました。また、エコ家電を使う家庭も増えました。
しかし、生活の仕方によっては深夜電力にすると、かなり節約効果が出る人がいます。例えば、一人暮らしで、日中はずっと仕事に出かけていて、家にいない人です。こういう人達は主に電気を使うのは夜の仕事から帰ってからの時間帯と早朝でしょう。その時間帯の電気料金がお得なのです。ですから、炊事洗濯などの電力を使う家事を早朝など時間帯にまとめてしたらよいのです。それで電気料金がお得になるのです。朝型生活の人には根本的に向いているでしょう。
その代わり、日中の電気料金が高めになります。家族がいるなど、日中、電気を使う機会が多い人には向かないでしょう。
詳しくわからなければ、各電力会社のWEBをチェックしてみたり、問い合わせてみたらよいでしょう。人によってはすんなりと、節約が出来るかもしれません。

電磁波の影響は?

2014/05/24

gf1940124373m

 

家庭の家電がすべて電気に取って代わるようになりました。たしかに、子供が小さい家庭ではガスよりも電気のほうが安全で安心して暮らすことができます。特に若いご家庭や高齢者の家庭においてガスから電気へと変更するオタクが増えているようにです。ただ、気になるのは電磁波による健康への影響と災害時の問題です。すべてを電気にかえてしまうことによって多量の電磁波が人間の体を脅かすのではないかとの懸念があります。また、先の震災において電気よりもガスのほうがいざというときに強いとの結果が出ました。原発が止まってしまうと電気がすぐに使えなくなってしまうので、電気は災害に対して脆弱性があるのではないかとの懸念が出ていました。電力会社イチオシの家電をすべて電気に変えるという政策は、これからも継続することが予想されます。ただ、電力会社としては災害に対する脆弱性の克服に努めなければなりません。そのために、やはり一定数はガスの利用に対する需要は見込まれているのではないでしょうか。このように、互いにメリットとデメリットを補いながらこのような関係性は継続するのではないかとの予想が最も信ぴょう性があるエネルギー政策となっています。

停電した時どうすればいいの?

2014/05/24

gf1940072417l

 

太陽光発電と言うのは、太陽の光エネルギーをソーラーパネルが受け、そこで電気エネルギーに変換され電気を発電することになります。
それぞれのソーラーパネルで発電された電気は、接続箱に集められパワーコンディショナで直流を交流に変換し、住宅内部へと送られることになります。

余剰電力を電力会社に売電することで電気代の節約につながりますが、最近は停電時や夜間の照明用として蓄電池を発電設備に導入する人もいます。
蓄電池と言うのは、発電した電気や電力会社から供給される電気をためておくことが出来る設備の事を意味しており、震災や災害などで電気などのライフラインが停止した場合にも利用することが可能になるのです。

尚、日中は太陽の光が有ればソーラーパネルで電気を発電することが可能になるわけですが、雨の時や曇りの時では発電量が低下することになります。
しかしながら、蓄電池の電気を利用する事で、電力会社からの電気の供給がストップしたとしても、電気を使う事が出来る事からも、発電設備の一つとして考え、導入する人が多くなっているのです。

尚、蓄電池には電気許容量と言うものがありますが、この許容量が大きいものほど多くの電気をためておくことが可能になるのです。

オール電化住宅にしたときのデメリット

2014/05/24

gf1420361966l

日本の住環境は年々住み心地のよいものになってきていると思います。電気や水道、ガスなどのインフラが当然のように整備され、家の中で安全に使えるという安心感は何物にも変えがたいものだと思います。
しかしそうした安心感を支えるために重要な、日本や地球を取り巻く資源の状況はいまや刻一刻と変化をしています。ライフスタイルに合わせて住環境を整えるということは長く安住するためにぜひとも必要なことであると同時に、日本や地球との付き合い方という本当に長い目と広い視野で住環境を考えてみるのも大事なことではないでしょうか。とりわけ電気の存在は、世界のありようを一変させてきました。人間も動物ですから暗闇では目が利かず、活動が限定され夜に眠ることが当たり前でした。夜は暗いというのは今も昔も変わらぬ常識ですが、電気という文明を手に入れた人間は、電気を失うことは文明を失うこと、安寧を失うことに等しいことであると思います。停電が夜起きれば、人は暗闇の中で不安を覚えて一夜を過ごすでしょう。いま太陽光発電として自分の家で電気を生み出し自分の家で利用するというライフスタイルが生まれてきました。電気をもっと身近に感じる暮らしは、今度は人に何を与えてくれるでしょうか。

オール電化にするメリット

2014/05/15

gf1420160078l

一般的な住宅で利用するエネルギーと言うのは、ガスと電気の併用となります。
しかし、電気のみにすることで深夜の電気料金が安くなるなどのメリットがあります。
これは、1日の電気料金を3つに分類しているもので、午後11時から翌日の朝7時までの時間帯が最も電気代が安くなるという事です。

更に、太陽光発電システムを導入することで高い電気料金を使わ必要がないと言うメリットも生まれてくるのです。
太陽光発電システムを導入すれば停電の時でも電気を使う事が出来ると言うメリットも有ります。

深夜の電気料金を使いお湯を沸かしておけば、翌日の家事に利用したり、お風呂のお湯として利用することが可能になると言います。

また、電気のみという事もあり、空気を汚さないと言うメリットや、火を使いませんので火事になる可能性が極めて低くなると言うメリットも有ります。
尚、併用の場合ではそれぞれに基本料金が必要になります。
しかし、電気のみにすることで、その基本料金の一つが無くなると言うメリットも生まれて来るのです。
これは光熱費の一元化が可能になるという事でもあり、建物を新築する際に、配管工事や安全装置と言った物を導入する必要が有りませんので、初期費用を抑えることが出来ると言うメリットも有ります。