電磁波の影響は?

gf1940124373m

 

家庭の家電がすべて電気に取って代わるようになりました。たしかに、子供が小さい家庭ではガスよりも電気のほうが安全で安心して暮らすことができます。特に若いご家庭や高齢者の家庭においてガスから電気へと変更するオタクが増えているようにです。ただ、気になるのは電磁波による健康への影響と災害時の問題です。すべてを電気にかえてしまうことによって多量の電磁波が人間の体を脅かすのではないかとの懸念があります。また、先の震災において電気よりもガスのほうがいざというときに強いとの結果が出ました。原発が止まってしまうと電気がすぐに使えなくなってしまうので、電気は災害に対して脆弱性があるのではないかとの懸念が出ていました。電力会社イチオシの家電をすべて電気に変えるという政策は、これからも継続することが予想されます。ただ、電力会社としては災害に対する脆弱性の克服に努めなければなりません。そのために、やはり一定数はガスの利用に対する需要は見込まれているのではないでしょうか。このように、互いにメリットとデメリットを補いながらこのような関係性は継続するのではないかとの予想が最も信ぴょう性があるエネルギー政策となっています。

コメントは受け付けていません。