時間帯別電灯

gf1940270287l

 

エコキュートや電気温水器、蓄熱式電気床暖房などの夜間蓄熱式機器を保有しているのであれば電気料金プランを変更することで電気料金を大きく節約することが可能かもしれません。
一般的な家庭で加入している従量電灯Bと呼ばれるプランでは電力単価は一日を通じてどの時間帯でも一定です。
ですが、電力会社では「電気の余っている夜間の電力単価を低く、電気の不足している昼間の電力単価を高く」設定している電力料金プランも併せて提供しています。
電力会社と契約する電気料金プランを変更し、電気代の安い夜間の間に蓄熱するようにしておくことで毎月の電気代を大きく節約することが可能になります。電気から熱を作る際は非常に大きなエネルギーが必要ですので、節約できる金額は非常に大きいものになります。また、それ以外の食器洗い乾燥機や電気炊飯器、全自動洗濯機などの電気製品についても、タイマー機能などを活用することで夜間に動作するように設定しておくと、電気代を更に節約することが可能です。
ただし、上記でも述べましたが電気が不足してる昼間の電力単価が非常に高くなっていますので、昼間に大量の電気を使用した場合は従量電灯Bで契約しているケースより高くなることもあります。

コメントは受け付けていません。