環境への負担

kz0010004348l

 

国連などの世界の国々が集まる場においては、軍事問題や外交、また人類の喫緊の課題が話し合われています。特に、砂金では環境への負荷に対する懸念があります。環境問題は人類の喫緊の課題でもあるのです。国際的な会議においては、CO2削減の問題が話し合われる機会が増えてきました。最近では新興国での経済活動の活発化や工業化、そして人口の増大によって二酸化炭素の排出量が増えて環境への負荷が増大しています。ただ、このような国際会議の場で必ずと言って話題に登るのは、新興国や発展途上国の言い分です。それらの国々が言うことには、先進国は産業革命や高度経済成長の家庭において環境への負荷を無視して経済発展を成し遂げました。現在、新興国や発展途上国は今まで先進国が経験してきた道を歩んでいる最中であるため、先進国が知恵を出し合って環境への負荷の軽減に取り組むべきである、というのが彼らの言い分です。たしかに、新興国や発展途上国の言い分は一理あるものの、現在人類が抱える共通の課題として各国が知恵を出し合って問題の解決に当たるべきである問題であります。先進国では今までの経験を活かして途上国に対して環境に配慮した経済成長の支援を行っています。

コメントは受け付けていません。