オール電化にするメリット

gf1420160078l

一般的な住宅で利用するエネルギーと言うのは、ガスと電気の併用となります。
しかし、電気のみにすることで深夜の電気料金が安くなるなどのメリットがあります。
これは、1日の電気料金を3つに分類しているもので、午後11時から翌日の朝7時までの時間帯が最も電気代が安くなるという事です。

更に、太陽光発電システムを導入することで高い電気料金を使わ必要がないと言うメリットも生まれてくるのです。
太陽光発電システムを導入すれば停電の時でも電気を使う事が出来ると言うメリットも有ります。

深夜の電気料金を使いお湯を沸かしておけば、翌日の家事に利用したり、お風呂のお湯として利用することが可能になると言います。

また、電気のみという事もあり、空気を汚さないと言うメリットや、火を使いませんので火事になる可能性が極めて低くなると言うメリットも有ります。
尚、併用の場合ではそれぞれに基本料金が必要になります。
しかし、電気のみにすることで、その基本料金の一つが無くなると言うメリットも生まれて来るのです。
これは光熱費の一元化が可能になるという事でもあり、建物を新築する際に、配管工事や安全装置と言った物を導入する必要が有りませんので、初期費用を抑えることが出来ると言うメリットも有ります。

コメントは受け付けていません。