停電した時どうすればいいの?

gf1940072417l

 

太陽光発電と言うのは、太陽の光エネルギーをソーラーパネルが受け、そこで電気エネルギーに変換され電気を発電することになります。
それぞれのソーラーパネルで発電された電気は、接続箱に集められパワーコンディショナで直流を交流に変換し、住宅内部へと送られることになります。

余剰電力を電力会社に売電することで電気代の節約につながりますが、最近は停電時や夜間の照明用として蓄電池を発電設備に導入する人もいます。
蓄電池と言うのは、発電した電気や電力会社から供給される電気をためておくことが出来る設備の事を意味しており、震災や災害などで電気などのライフラインが停止した場合にも利用することが可能になるのです。

尚、日中は太陽の光が有ればソーラーパネルで電気を発電することが可能になるわけですが、雨の時や曇りの時では発電量が低下することになります。
しかしながら、蓄電池の電気を利用する事で、電力会社からの電気の供給がストップしたとしても、電気を使う事が出来る事からも、発電設備の一つとして考え、導入する人が多くなっているのです。

尚、蓄電池には電気許容量と言うものがありますが、この許容量が大きいものほど多くの電気をためておくことが可能になるのです。

コメントは受け付けていません。